2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Toggle

ネックレス・ペンダント

店頭陳列のジュエリーをうまく活用してのリフォーム

お持ち込みのジュエリーをなんとか活用したいというご相談を承るなかで、お客様からわりと好評なリフォーム案が店頭に並ぶ当店のジュエリーの中から選んだジュエリーとの組み合わせにより生まれ変わらせる方法です

一般的にリフォームというとカタログやサンプル模型を見てのリフォーム注文になることが多いと思われますが、店頭に並ぶジュエリーから選ぶ方法ですとまず第一に出来上がりの感じをお客様自身がより想像しやすいことが挙げられます

また価格的にも一から製作するリフォームよりはリーズナブルな場合が多く、様々な違った趣きのジュエリーを試着しながらリフォーム案を考えることができるため、当店にお越しいただいたお客様からは、最初はドキドキちょっと心配して入店してみたが、こんなにデザインの違いで自分自身の印象が変わり、リフォームデザイン選びが楽しく感じるとは思わなかった・・・というお言葉を頂戴します

下記にご紹介するリフォーム事例は、数十年前に買って貰った想い出の小さなルビーの指輪を、なにかにリフォームする方法はないかとご相談のため当店にお越しいただいたお客様の例です

ルビーなどの赤色系の宝石はどうしても可愛らしいイメージに上がりがちで、お着けいただくお客様がミセスになればなるほど完成したあとの身につけたお姿を慎重に検討しないとリフォームはしたが結局着けない・・・という私共として一番に避けなければならないリフォームに成り下がる危険性をはらみます

ルビーのリフォーム 前/後

今回のお客様も小柄でチャーミングなミセスのお客様でしたが、この先数十年とご愛用いただけるように迫力あるボリュームを演出し、当店からルビーの並ぶペンダントをご提案させていただき、そのセンターにお持ち込みの想い出のルビー1石をぶら下げ加工いたしました

費用的にはぶら下げ加工の枠製作代金も含めて、既存のルビー・デザインペンダントネックレスをご購入いただく価格同等でお納めさせていただきました

ルビーペンダント リフォーム出来上がり姿
出来上がり後にお客様へは、20〜30代の方ではちょっとお着けになりにくい大人イメージのルビーペンダントに仕上げてあり、最初は赤色が目立つかもしれませんが60代、70代と世代が上がるにつれてこの赤色の迫力がなじんで着けやすく感じるはずですとご説明をさせていただきました

長年毎日ジュエリーを扱うことを生業にしてきますと、真っ赤なルビーは20代前後の世代の皆様と、50代後半から以上のシニア世代の女性の方から人気のある宝石と感じています

コランダムという石の赤色を指すルビーは組成する物質の性質からも大きく結晶しにくいという宝石ですので、リフォームで持ち込まれるルビーもほぼ1キャラット前後のものが大半です

そのため若いお嬢さんへのリフォームでない限りは、リフォームデザイン選びがとても重要と考えます

最後に・・・

持ち込まれる宝石の中で天然宝石でなく、合成(人工的な)宝石の比率が高い石でもありますので、大きなサイズの場合にはリフォーム製作する前の事前チェックをお客様に詳しくご説明をさせていただいており、その結果によってかける費用をご検討いただいております

Return Top