2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Toggle

指輪

お盆休みの後にはジュエリーのご相談が…

日頃忙しくしている方もお盆休みには久しぶりに帰省をされたり、ご家族一同で集まる機会があった方も多くいらっしゃると思います

このお盆休み前後には、元旦以外年中無休の私ども横浜YAMATOによく出番が回ってきます

今年2015年もそのようなお話しをいくつか頂戴いたしました

ある日のこと初めて連絡しますという男性の方から問い合わせの電話が入りました

普段されているご結婚指輪がこのところきつく感じるようになり、いよいよサイズを大きくしないといけないかな…と考え始め、できるだけ早くサイズを大きくする作業を依頼できる先を探してますと私どもにも問い合わせをいただきました

お品物を見てない状況では限られたご返答しかできないので最低限のことだけをお伝えし、あくまでも現物を拝見してからのご返答になるので最悪の場合はお越しいただいても当店として承ることができない場合もあることを予めご了承いただきたい…とご返答を申し上げました

数日後に再度お電話があり更に詳しくお話しを伺うとおぼろげながらお客様の急がれる理由が把握できました

実はこちらのお客様は赴任地の海外からお問い合わせの電話をかけられていたそうで、久しぶりに日本へ帰国するので帰省中離日するまでの数日間でご結婚指輪のサイズを大きくしたいとお考えだったようです

事前の打ち合わせでは私どもには実質3日間の猶予しかなく、指輪を拝見してないので絶対に間に合わせますとは約束できない…というかたちでお客様のご帰国を待ちました

ご帰国早々にご来店いただけたので猶予が5日間になり、まずは一安心

お品物を拝見するとカットリングタイプのご結婚指輪でしたので、より慎重に貼り合わせ部分が後日剥がれないように留意してサイズ直し作業をすることをお伝えし、また指輪内側にたくさんの刻印や記念の文字が彫り込まれている為、こちらもなにもない空白部分の一部を狙ってその部分で地金足し作業をすることをお伝えしました 

プラチナ 結婚指輪承り後に当店をサポートしていただく錺職人の中から高額品や手作り製作を担っていただいている確実性がより高いH氏に事情を伝えてサイズを大きくする加工を大至急扱いにてお願いしました 

プラチナ 結婚指輪お客様の出国前に余裕を持って出来上がり、無事お客様の左薬指にベストなつけ心地で再び戻させていただきました

お受け取りの際にお客様とお話しすると早くも着任して5年が経つそうで、他社の日本人駐在員も多く居住する現地の住居の中では古手株になりつつあり、今回の指輪のサイズ直しを依頼した後の一連の承りした過程を『流石は日本!だなぁ…』と感慨深げにおっしゃられていたのがとても印象的でした

また別のご年配の女性の方がお盆休み後に叔母さまからもう要らないから勝手に処分していいと譲り受けた複数個のジュエリーをどうしたものかとご相談に見えました

たまたまお知り合いの方が最近当店でリフォームをされ、その方から当店を教えてもらったとのことでした

叔母さまからはよくジュエリー買います…みたいなチラシが入るから、そういうところにでも持って行けばと言われたそうなのですが、ひとつひとつを確認させていただき僭越ながら処分止むなし、処分はしないほうが得策、また再利用可能…などのグループ分けをご提案させていただきました

なかでも長年の汚れから黒ずんでしまっているプリンセスカットダイヤモンドの指輪がありました 

18金ダイヤモンド指輪 お聞きするとご自分のジュエリーもご年齢もあり早々に整理を済ませており、現在はなにもお持ちでないとのことでしたので、サイズを合わせて普段使いの指輪にされてはいかがでしょうか…とお勧めいたしました  

18金ダイヤモンド指輪お受け取りに来店され、サイズ直しをしたことで仕上げ直しされた指輪をご覧になられたお客様は、失礼ながらお顔をくしゃくしゃになるぐらいに微笑まれ、まさかあのうす汚れていた指輪がこんなに綺麗によみがえるとは…と驚かれ、何度もありがとうございます、本当にありがとうございますとお礼を言われてしまいました

お帰りの際にはせっかくだから着けて帰りますと早速に指にはめられ、早いうちに叔母のところに報告しに行かなくちゃと、本当に安易に処分しなくて良かったわ〜とお帰りになりました

あまりに感激されたこともあってか、私もうっかりと承る際にご提案しました指輪内側へのお名前彫り入れ作業をご確認していただくことを忘れてしまいました 指輪内側文字彫り画像 
  叔母さまが長年お持ちでいらしたプリンセスカットダイヤモンドの指輪、ロマンチックに言わせていただけば指輪自身も処分される運命から、お身内の方へバトンタッチされ新たな歩みを始められることを喜んでいるのでは…と勝手に指輪の気持ちを思い描きながら2015年のお盆を振り返っております

Return Top